logo

Hiroyuki Hattori

最新情報

(日本語) 非記念碑的手法による記念碑のつくりかた

2014/07/18

(日本語) 本事業のタイトルr:ead(=residency, East Asia, dialogue)からも明確なとおり、このプログラムは東アジアと括られる韓国、中国、台湾、日本を出自とするメンバーの「対話」と「思考」のための場であった。この前提条件となるフレームをいかにポジティブに捉え、且つ脱構築するように拡張するかを、日本チームとして招聘された下道基行と私は強く意識して取り組んだ。つまり、最終的なアウトプットとしての大文字の作品をこのレジデンスの場で生み出すことを目標とするのではなく、その数歩手前のひとつの方向に射程を定めるまでのプロセスを如何に築くかを意識し、隣人たちとの対話の場を積極的に楽しみ、不完全で断片的なものを敢えて晒していくことに注力した。モニュメンタル(=象徴的)な「作品」というかたちを求められず、議論や思考の過程を透明化し公開していくことがのぞまれるのは非常に稀有な現場だ。それによって、直接「東アジア」ということが主題にならずとも、このような場それ自体がr:eadというプログラムを支える骨格となっていると言える。

…read more

從『不在』開始談起

2014/02/16

12月22日早晨,我踏出了從曼谷飛回羽田的班機,就這麼地前往了靖國神社,在巨大的鳥居之下,與下道基行先生相約碰了面。當時,他也剛結束我因為滯留曼谷而無法參加的第一次r:ead聚會。周圍散落著金黃色葉子的大銀杏,讓人實際地感受到了日本冬季的入口。雖然同樣被放在「亞洲」這個範疇之內,但泰國四季如夏的氣候,讓人很難相信這兩個地方有著相同的稱謂。這數年來,我來往與各個被包含在亞洲這個地區的國家之間,不斷地思索著所謂「亞洲」究竟代表著甚麼。

…read more

服部浩之
日本

1978年生於日本愛知縣。2006年早稻田大學建築研究所結業。在輾轉了幾個城市之後,於2009年擔任青森公立大學國際藝術中心青森(ACAC)學藝員、並實際居住於藝術企劃空間Midori Art Center(MAC)之中。他從建築思惟出發,自由轉換公共場所與藝術替代空間(Alternative Space)概念,製作了各種藝術企劃並試圖擴展日常生活中的創意場域。目前於青森公立大學國際藝術中心主導的企劃為「再考現学/Re-Modernologio」(ACAC, MAC / 2011〜2012)。

另外,在個人活動方面,他也經手十和田現代美術館5週年紀念活動「奧入瀨藝術祭」的相關展覽「SURVIVE ~行星的時間旅行」(十和田市現代美術館、奥入瀬地區 / 2013)、以及由國際交流基金會在東南亞四國舉辦的展覽「Media/Art Kitchen ~Reality Distortion Field」(2013〜2014)。以青森為據點的他,連結了各個都市及地區,積極地展開各項活動。